南森町で歯医者を考えている方は時間がかかる

Sitemap

世界が明るくなった。Implant

インプラントが出来ない人っているの?

インプラントの構造

インプラントは、失った歯を補うための治療の1つですが、その治療が残念ながらできない人というのもいるのです。それはどのような人でしょうか。
インプラントは、根元になる部分と通常見える歯の部分の二つに分かれています。そしてこの根元になる部分は、歯茎の中、しかもグラグラしないようにあごの骨に埋め込んであるのです。もしも交通事故なので歯を失って、なおかつあごの骨も折れたりして異常が生じたという場合は、インプラントの治療などが出来ないことがあるのです。インプラント治療を行うことに重要なのは、あごの骨がしっかりしているということなのです。
私たちは毎日食べ物を食べる時に、何十回と咀嚼をします。その際、歯には大きな力が加わっています。もしもインプラントを埋め込んだ場合、その根元に大きな力が加わることがわかります。そのためにあごの骨がもろい、薄いという場合は、その力に耐えられないことがあるのです。
もしもインプラントを希望するときに骨に異常があるとされた場合は、骨を成長させる治療や補強をするための治療を行うこともあるのです。つまりインプラントを行う場合は前チェックが大切ですし、そのための治療もあるのです。また場合によってはできないこともあるのです。

Recent Posts